資料請求

コラム

キャッシュレス決済について 種類やメリットの紹介

2020年10月30日

キャッシュレス決済とは、現金を使用しない決済方法のことをいいます。

クレジットカードや電子マネー、交通系ICなど、キャッシュレス決済を利用したことがある人は多いのでないでしょうか。

この記事では、キャッシュレス決済とはなにか、その種類やメリット、注意点などについて説明します。

キャッシュレス決済に興味がある人は参考にしてください。

1.キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは現金以外の方法で支払いをすることをいいます。

主なキャッシュレス決済は以下のようなものです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • 交通系IC
  • プリペイドカード
  • 銀行口座の引き落とし


カードやスマートフォンを使用する支払いのほか、口座引き落としでの支払いもキャッシュレス決済です。


このように、ひとことにキャッシュレス決済といってもさまざまな方法があります。

お店によっても違いますが、キャッシュレス決済のほうが、より多くのポイントがつく場合もあります。

そのため、キャッシュレス決済は積極的に活用することがおすすめです。

3種類のキャッシュレス

キャッシュレス決済はいつお金を支払うのかによって

  • 前払い
  • 即時払い
  • 後払い

の3つに分けられます。

プリペイドカードや電子マネーは前払いタイプのキャッシュレス決済です。

このタイプは事前に入金しておいてから使用するため、基本的には入金した以上の金額は使用できません。

ただ、自動チャージ機能がついているものもあり、設定した金額よりも残高が少なくなると自動で入金されるものもあります。

即時払いはデビットカードが代表的です。

使用するのと同時に登録した口座から使用金額が減る仕組みで、口座に入っている以上の金額は使えず、使い過ぎの心配はありません。

クレジットカードなど、実際にお金を支払う日が使用する日よりも後になるのが後払いです。

一括払いのほか、分割払い、リボ払いなど支払い方法が選べます。

2.キャッシュレスのメリット

2020年現在、キャッシュレス決済に対応しているお店も増加傾向にあります。


キャッシュレス決済にはさまざまなメリットがあり、支払う側も支払われる側にとっても便利なものです。

ここでは、キャッシュレス決済のメリットについて解説します。

現金を扱う煩わしさがなくなる

キャッシュレス決済では現金を扱わないため、現金支払いで起こりがちだった煩わしさはなくなります。

例えば、現金決済では支払いやおつりを渡すときに数え間違えることもあります。

キャッシュレス決済であれば、そういったミスは起こらなくなるでしょう。

そもそも、キャッシュレス決済ではおつりを渡すことはしません。

キャッシュレス決済で支払う人が増えるとおつりのために両替する回数を減らせ、業務の簡易化につながります。

また、貨幣はさまざまな人の手を渡るため、ウィルスや細菌、汚れが蓄積しやすいです。

キャッシュレス決済ではお金に触れることなく支払いを済ませられるため、より清潔にやり取りできます。

両者の会計時間が短縮に

キャッシュレス決済は現金支払いよりもスピーディに支払いできます。

現金支払いでは、

  1. 消費者がお金を数えて出
  2. レジ業務者が何円出されたのか数える
  3. おつりはいくらかを算出する
  4. おつりの分の金額を数えて渡す


といったタスクを経てようやく会計が終了します。

お金を数えるのに時間がかかる消費者もいるため、繁忙する時間にはレジに行列ができることもあるでしょう。

キャッシュレス決済では、消費者も従業員もお金を数える手間はかかりません。

その分の時間を短縮できるため、キャッシュレス決済は消費者、従業員ともに会計時間を短縮できます。

売上管理しやすく仕入れが容易になる

専用の売上管理システムを使用すれば、キャッシュレス決済での売上は自動で記録できます。

そのため、わざわざ帳簿にうつすことなく、楽に売上管理ができます。

売上管理システムは売上額だけではなく、どの商品が売れたのか、購入者の年齢や性別はどのようになっているのか、などの情報を記録することも可能です。

このデータを集めて分析すれば、売上アップにつながるかもしれません。

また、仕入れ状況と連動したシステムであれば、売行きに応じて仕入れ数を調節することもできます。

仕入れすぎ、もしくは仕入れが少なすぎて欠品を起こすことなどを防げるでしょう。

客層が広がる可能性がある

キャッシュレス決済は外貨交換しなくても支払いができるため、外国人でも気軽に使用できる決済方法です。

そのため、日本に短期滞在する外国人はキャッシュレス決済ができるお店を好む傾向にあります。

インバウンドによる売上向上を狙うのであれば、キャッシュレス決済は必須でしょう。

また、キャッシュレス決済を行っている企業がキャンペーンを行っているときがあります。

そのときには、キャンペーンに参加したい消費者が新たな顧客となるかもしれません。

利用者が多く、目立つキャンペーンを行っているようなキャッシュレス決済に対応すると、客層はさらに広がるでしょう。

3.キャッシュレス決済導入時の注意点について

さまざまなメリットがあるキャッシュレス決済ですが、以下の点には注意してください。

  • コストがかかる
  • 入金までに時間がかかる
  • 使い方をマスターしなければならない


キャッシュレス決済を導入するためには、キャッシュレス事業者との契約金や専用の端末を導入するための費用がかかります。

また、支払いのたびに決済額に応じた決済手数料もかかるため、導入後にかかるランニングコストも大きいです。

現金決済では支払われた瞬間に手元に売上金が入りますが、キャッシュレス決済では事業者によって決められた日に一括で支払われます。

そのため、資金に余裕がないと運営が大変になることもあり、注意が必要です。

キャッシュレス決済はスキャナにカードを通したり、QRコードを読み込んだり、と決済方法がさまざまです。

それぞれの決済方法をマスターして、支払いに慣れていない消費者のサポートもしなければならないでしょう。

4.まとめ

キャッシュレス決済は現金を使わない支払い方法で、お金を数える手間が必要ありません。


そのため、消費者にとっても販売店にとっても時間と手間もかからない便利な支払い方法であるといえるでしょう。


しかし、日本は諸外国と比べキャッシュレス決済の利用率が低い状態です。
そのため、政府は2025年までにキャッシュレス決済の利用率を4割以上するということを目標に、キャッシュレス決済の推進を行っています。


キャッシュレス決済は消費者、販売店両方にさまざまなメリットがあります。ぜひ活用していきましょう。


また「後払い」での決済もどんどん増えています。今後さらに普及していくことが予想されますので、早めに導入しておくと良いでしょう。

「後払い」にご興味をお持ちの方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

075-682-2022

受付時間 9:00 - 18:00(平日のみ)

お問い合わせフォーム