資料請求

コラム

後払いの際に通る与信審査について説明。重要ポイントを解説

2020年11月26日

サイトなどで買い物をしようとした際、支払いの選択肢に後払い決済があればいいと思う顧客も少なくありません。

そのような顧客を逃さずに売上をアップさせるためにも、後払い決済を導入しようと検討している事業者は多いはずです。

しかし後払いの際に通る与信審査がどのような仕組みで行われているのか、わからない人もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ECサイトなどの後払いにおける与信審査の仕組みについて詳しく解説します。

後払いサービスとは?

ECサイトにおける『後払い』とは、先に商品が到着してから支払いを行う決済方法です。

セキュリティに対する不安からクレジットカード決済を使いたくない人や、先払い決済にして商品が無事届くかどうか不安という人も多くいます。

後払い決済の方法は複数あり、代表的なものはコンビニ払いや銀行振込、郵便局払いなどです。

後払い決済では商品の送付時に同封されている払込票を使い、払い込み期限内であれば顧客が自身の都合のよい日時を選んで支払いを行うことができます。

購入する側のメリット

後払い決済は、購入する側にとって注文した商品が手元に届き、現物を確認してから代金を支払える安心感があります。

そもそもクレジットカードを持っていない人や、持っていてもカード情報を入力することに抵抗がある人にとっては、クレジットカードを使わなくても買い物できることが大きなメリットです。

前払い決済の場合は購入したいと思った時点で、先にその分の支払いができる金銭的な余裕がなければ買えません。

一方で後払い決済ならば給料日前のお金がない時期に購入したいものがあるときでも、支払いは給料日以降にまわすことができます。

ECサイト事業者側のメリット

学生や主婦、高齢者などはクレジットカードを持っていない人も珍しくありません。

また高齢者の場合は電話やファックスなどで注文し、商品が届いてから郵便局や銀行等で支払いする方法に慣れている人も多くいます。

後払い決済も選択肢に入れておくことで、クレジットカードを持っていない顧客層も取り込むことが可能です。

ECサイトでは欲しいと思った商品をカートに入れたにもかかわらず、結局購入せずにサイトから離脱してしまう『かご落ち』が一定数あります。

後払い決済を導入することで先払い決済やクレジット決済に抵抗がある人の不安を和らげ、かご落ちを削減することにもつながります。

後払いで避けたいのが未回収リスク

購入者側にもECサイトの事業者側にもメリットがある後払い決済ですが、デメリットがないわけではありません。

支払いが後払いになることで、どうしても顧客が商品を受け取っておきながら代金が支払われない未回収のリスクはあります。

顧客数が増えるほど、そのリスクは大きくなる可能性があります。

代金の未払いは損失になるため、事業者にとっては大きな打撃です。

未払いが発生した際は、できるだけ回収できるよう督促する必要があります。

督促作業は本来スムーズに代金が支払われていれば不要な業務ですが、未払いの顧客が増えることで通常業務を圧迫してしまうことも考えられます。

後払い決済を自社ですべて管理する場合、未回収のリスクに対してもすべて自社で対処しなければなりません。

後払い決済についてはその作業を代行してくれる専門の後払いサービスがあり、依頼すれば業務を効率化し、未回収リスク保証も受けられるメリットがあります。

後払いのための与信審査とは?

後払い決済を認めるためには、購入者が後から確実に代金を支払えるのかどうかを判断する必要があります。

そのために行う審査が与信審査です。与信審査をしっかり行うことで信頼できる顧客との取引が可能になり、未回収リスクも低減させられます。

相手がどのような取引を行い、その支払いがどのように返済されたかなど過去の信用情報をもとに調査するのが与信審査です。

もし期日通りに支払いをしていなかったり、返済が滞っていたりすれば、与信審査を通らない可能性が高くなります。

与信審査のポイント

未回収リスクを減らすためには与信審査をしっかり行うことが重要です。

だからといってリスクを抑えることに注意を向けすぎて与信通過率を下げ過ぎてしまえば、顧客数を伸ばすことができず、結果的に売上も上がりません。

それでは売上アップや利益を最大化するという目的を達成することはできないでしょう。

与信透過率を下げることなく代金回収率を上げることが重要なポイントであり、同時に難しいところです。

与信審査を行うためのシステムの開発には膨大なデータを必要とします。

そして最終的な与信審査の結果は、収集した情報を的確に分析した精度の高いものであることが大事です。

与信審査を後払い決済代行業者に依頼するメリット

後払いでの決済はお客様のニーズは高いですが、事業者側からするとリスクは少なくありません。

この記事で解説したようなリスクを避けるためには、後払い決済代行業者に依頼することをおすすめします。

自社で後払いを実施する場合、リスクを低減するため初回での取引では、後払いが選択できない場合が多くみられます。

お客様の後払いを選択したいという考えが最も高くなるタイミングで、そのニーズにこたえられないということになり、後払い決済を導入するメリットが弱くなってしまいます。

後払い決済代行業者に依頼することで、リスクを後払い決済代行業者が保証してくれるため、ニーズの高い初回からも安心して後払い決済を導入することが可能になります。

このメリットを受けられるかどうかは、非常に大きな差になることは間違いありません。

まとめ

ここまで後払いサービスの与信審査について解説してきました。

後払い決済を取り入れることで、新規顧客の獲得や売上アップのメリットがあります。

後払いサービスを展開する業者に依頼すれば、与信審査や請求書発行、代金の回収までの業務も任せられ、自社の業務を効率化できます。

未回収リスクが保証されるところもEC事業者側としては安心感があるでしょう。

株式会社SCOREが提供する『スコア後払い』は、高い与信透過率と代金回収率を実現している後払いサービスです。

通販大手のニッセンが作った後払いサービス会社なので、与信審査のノウハウやデータも豊富に持ち合わせています。

後払いサービスの導入を検討しているのなら、スコア後払いを選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

『スコア後払い』の資料請求はこちら

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

075-682-2022

受付時間 9:00 - 18:00(平日のみ)

お問い合わせフォーム