資料請求

コラム

後払いシステムの導入方法とは?外注先の選び方も解説!

2021年3月2日

ECサイトの運営にあたり、顧客に対していくつかの支払い方法を用意しておくことは、売り上げアップのためにも重要なポイントです。

後払い決済が選択肢にあればクレジットカードを持っていない人でも支払いを後にできるため、購入しやすくなるでしょう。

自社で独自に後払い決済を行おうとすれば業務が煩雑になるうえ、未回収のリスクも発生しますが、後払いサービス事業者に外注することでそうした業務の負担を軽減することも可能です。

この記事では後払いサービス事業者の仕組みを説明するとともに、導入方法や外注先の選び方についても詳しく解説します。

後払いサービスの仕組み

後払い決済は、顧客が商品の購入やサービスの利用を受けた分の支払いを後日にまわす決済方法です。

後払いサービスを提供する事業者は、後払い決済に関する業務を代行します。

後払い決済は顧客側には支払いを後日に延ばせるメリットがありますが、売り手側にとっては代金を回収できないリスクが発生します。

後払いを希望する顧客に未回収になるリスクがないかどうかを判断するためには、与信審査が必要です。

後払いサービス事業者は売り手側から受け取った注文情報をもとに、与信審査を行います。

顧客が売り手側のECサイトで注文し、売り手側から商品が発送されるのは他の決済サービスと違いありません。

後払いサービスを外注すると商品の発送情報を後払いサービス事業者に送り、そこから顧客に請求書が送付されます。

代金は後払いサービス事業者が一旦売り手側に立て替え、後日顧客から回収する仕組みです。

後払いサービスの導入方法

後払いサービスを提供している事業者はいくつかありますが、導入方法はどこもほぼ同じで以下の4ステップです。

ステップ1:まずは電話やメールなどでサービスに申し込みを行います。

ステップ2:申し込みが受理されたあとに後払いサービス事業者からの連絡があり、正式な申込書類一式が送付されてきます。
申込書類に必要事項を記載し、書類をそろえて返送します。

ステップ3:提出書類をもとに加盟審査が行われます。

ステップ4:審査で問題がなければ連絡があり、サービスを設定すれば利用を開始できます。

注文情報や発送情報の登録方法

次に顧客から入る注文情報や売り手側のECサイトからの発送情報を、どのように後払いサービス事業者のシステムに登録するのか確認しておきましょう。

登録作業が複雑では後払いサービスを外注するハードルが上がってしまいますが、作業の簡素化を図っている事業者もあります。

具体的には各種APIとの連携で登録作業が自動化されていたり、CSVファイルで注文情報と発送情報を一括で登録できたりするシステムを使い、専門知識がなくても操作ができるようになっています。

専用の管理画面を備えているシステムも多く、画面に必要項目を直接入力して簡単に使えます。

後払いサービス事業者の選び方

後払い決済を導入するECサイトも増え、業務を代行してくれる後払いサービス事業者にも注目が集まっています。

ただサービスを提供している事業者はいくつかあり、どこがよいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

後払いサービス事業者を選ぶ際のチェックポイントとして3点挙げて説明しますので、外注先選びの参考にしてください。

決済手数料

後払いサービスを外注する際、最も気になるのはコスト面です。

なかでも取引額に手数料率をかけて算出される決済手数料は毎月必ずかかります。

決済手数料のほかに月額固定費が必要なところと無料のところがあり、必要なところでも金額は事業者によって異なります。

一般的に月額固定費があるところは、決済手数料の手済料率は低めに設定されています。

月額固定費が同程度ならば、もちろん手数料率が低い方がお得です。

月額固定費がバラバラのプランから検討する場合は、1カ月の取引額との兼ね合いで合計額が最も安くなるところを選ぶようにしましょう。

また、請求書を商品と別送で送付する場合、はがきで送るのか、封書で送るのかで請求書発行手数料に大きな差が出てきます。

決済手数料、月額固定費、請求書発行形態とその手数料。自社の運営する通信販売に最も適した内容で選ぶことが大切です。

サポート体制

先述の「注文情報や発送情報の登録方法」についての段落を読んだ際、ITに詳しくない人は自分にできるかどうか不安になったのではないでしょうか。

導入時にわからないことがあったとしても、スムーズに作業できるようしっかりサポートしてくれる事業者を選びたいものです。

充実したサポート体制がメリットになるのは、顧客側も同じです。顧客も後払いサービスを利用するにあたって疑問があれば、後払いサービス事業者に問い合わせをすることがあります。

その際の対応が悪ければ自社のECサイトに対するイメージが悪くなる恐れがあるため、顧客対応に関するサポート体制もしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

管理のしやすさ

いくら優れたシステムでも、実際に使用するシチュエーションで管理がしにくければ使い勝手がよいとはいえません。

自社開発したシステムを利用している場合、クレジットカード決済のシステムは後払いサービスのシステムと別になることがあり、効率がよいとはいえません。

複数の支払い方法を取り入れるなら、たとえば後払いシステムとクレジットカード決済が連携した総合決済サービスを展開している事業者を選べば、データを一元管理できるため業務効率がよくなるでしょう。

まとめ

後払いサービスを外注するのであれば、導入しやすく管理業務にも手間がかからないシステムを選びたいものです。

決済手数料や月額固定費などもリーズナブルならば、コスト面でもメリットがあります。

「スコア後払い」は業界最安値水準の決済手数料であり、クレジットカード決済などインターネット決済代行事業を展開するベリトランスの総合決済サービスとの連携も可能です。

また、通販大手のニッセンのノウハウと豊富な実績をもとに、購入者側およびECサイト側の双方に対するコールセンターも充実させています。

後払いサービス事業者に後払い決済に関する業務を依頼すれば業務負担を軽減し、自社本来のコア業務に専念することもできます。

後払い決済の導入を考えているのなら、スコア後払いを検討してみてはいかがでしょうか。

スコア後払いはこちらから

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

075-682-2022

受付時間 9:00 - 18:00(平日のみ)

お問い合わせフォーム